妊娠は簡単だった!

 

なかなか赤ちゃんが授からないとイライラしてしまいますよね。!


女性であるなら、結婚をしたからには、赤ちゃんは生みたいところでしょう。


妊娠している人の画像


この世の中には・・・


不妊治療を何度もやったのにできない・・・

35歳を過ぎたのでなかなかできない・・・

できれば今すぐにでも自然に授かりたい・・・



このように悩んでいる人もいるのも事実です。


ですが、「妊娠は本当は簡単です!」と言い切る人がいるんですね。


その人の名は、子宝コンサルタントの「溝口博士」氏です。


もしかして、あなたも・・・


自然食、サプリメント、運動、ヨガ、漢方薬、タイミング法、不妊治療・・・


一般的に良いと言われることをやっているのに、なぜか子どもができない?


そのようなことはありませんか?



溝口氏によれば・・・


「一般的に常識と思われていることが間違っていることもある」


と言うのです。


そして・・・


不妊に悩んでいる方には共通の問題点あるというのですが・・・


次のページでは、その問題点について解説しています。


今度こそ、赤ちゃんを授かりたいと思っている方は参考にしてみてください。


たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった!「しあわせ妊娠マニュアル」




妊娠しない原因には何がある?



なかなか妊娠せず、焦っている方もいますが、そもそも、なぜ妊娠しないのか?

何を試しても全然妊娠しないで悩んでいる人もいます。

では、その原因には一体なにがあるのでしょう。

実は、考えられる原因は、様々で、当たり前ですが、その人によっても異なります。

例えば、ストレスもそうですし、食生活が悪いのが原因かもしれませんし、飲酒や喫煙なども当然関係してくるでしょう。

また、冷え性が原因で、なかなか妊娠しないこともあります。


ですので、一概に妊娠しない原因は言えないんですね。

そして、中には原因不明と言うことも考えられます。

ここでは、原因不明について考えてみましょう。





子供できない原因不明とは?

不妊には必ず原因があると思っている方もいます。

ですが、中には「原因がない」、あるいは、「原因不明」という場合もあるんです。

そもそも避妊しないで性行為を行ったとしても100%必ず妊娠する訳ではありません。

自然妊娠の確率は一般的に・・・

20代半ば〜30代前半で約25〜30%
30代後半だと18%
40代後半だと5%


このように言われているんですね。

また、毎日性行為をしたとしても子供ができる確率って約40%程度なので、それほど高くはありません。

ですので、お互い全く原因がない状態で性行為を行ったとしても、子供が出来ない時は出来ないと思ってください。

それでも、不妊検査を受けていて、原因不明だと診断された方々は、何も治療をしなくても、その後3年以内に60%の割合で妊娠すると言います。

なので、原因不明だからと言って、一生、子供が出来ない訳ではありません。

もし、病院で検査してみて原因不明と診断されても違う病院で検査をすると原因が分かるケースもあります。

なかなか妊娠しない原因は、もしかしたら、プレシャーによるものかもしれません。

つまり、結論としては、焦らないことです。

ただ、そうは言っても、ある程度の年齢なら、早目に子供を授かりたいでしょう。

簡単な対策としては、お互いに健康状態を良くすることです。

ですので、子供を作る為にも、この機会に生活習慣を見直してみてください。

なるべく栄養バランスの良い食事にして、ストレスを解消させることが大事です。

>>たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった方法!


食生活の見直しが大事!!


妊娠したいなら、やはり食生活を見直しは行うべきでしょう。

先ず、出来る事としては、何時に何を食べたのかを詳しく記録してみましょう。

その記録を確認して、規則正しい栄養バランスの良い食事が摂れているかを確認してください。

おそらく、大抵の方は直すところが多いかと思います。

何が悪いのかと言うと、具体的には・・・

・外食が多い
・コンビニ食やレトルト食品を食べ過ぎ
・お肉などの脂質が多い


このような方は要注意です。

妊娠したいなら、なるべく外食やコンビニ食を減らすようにしてください。

それと、食品添加物を出来るだけ摂らないようにします。

つまり、レトルト食品やスナック菓子を避けなければなりません。

良い食事にすると言うのは、野菜が多めの食事メニューを組み立てて、同じ時間に食べるよう心がけることです。

また、体を温めるような食材を取り入れるようにしたり、冷たい飲み物や食べ物を避けるのもいいと思います。

全てを徹底してしまうとストレスも溜まるので、たまには外食したりインスタント食品を食べても構いませんが、基本的には自炊するようにして健康な食生活を目指すようにしましょう。

>>たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった方法!


体質改善するといい!


やはり、妊娠を望んでいるなら体質改善を行った方がいいです。

妊娠しづらい体質から妊娠しやすい体質に変えれば、不妊症が改善されるかもしれませんからね。

では、具体的にどのように体質改善をすればいいのか?

そのポイントは以下の通りになります。

・栄養バランスを考えた食事
・ストレスの発散
・冷えの改善
・規則正しい生活


これらが特に大事です。

当然、食事が偏ってしまうと妊娠しづらい体質になるので、あくまでも栄養バランスを考えた食事を心がけることです。

肉だけを食べていたり、お菓子ばかりを食べている人は、今すぐにでも見直すようにしてください。

また、ストレスが溜まってしまうと血流が悪くなったり、ホルモンバランスが乱れたりするので要注意です。

もしかしたら、しれが妊娠しない原因になるかもしれないので、なるべくストレスを上手く解消するようにしてください。

それと、冷えと言うのも妊娠しづらい体質を作る原因になるので、日頃から冷え対策を心がけてください。

他にも規則正しい生活も大事です。

寝る時間がバラバラの方や睡眠時間が不十分の方は、なかなか妊娠しない原因になるので気をつけてください。

>>たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった方法!


産婦人科を受診してみよう!




なかなか妊娠せず、その原因が自分でも分からない場合、やはり病院で診てもらうべきかどうか?

このような悩みを抱えている女性も多くいますよね。

ですが、もし、妊娠しやすい体作りをしたいと思っているなら、一度、産婦人科を受診して、不妊検査を受けることをお勧めします。

その理由ですが、どんなに妊活をがんばったとしても、体のどこかに不妊の原因があった場合、妊娠できない可能性が高いからです。

仮に運よく妊娠は出来たとしても、場合によっては、妊娠を維持できずに流産してしまうケースもあります。

そうなってしまうと、今度は、妊娠しづらい体になってしまう恐れもあるので、事前に自分の体は妊娠できる状態なのかをチェックしておいた方がいいです。


可能であれば、男性不妊の検査もしておいた方がいいわけですが、男性の中には不妊検査を嫌がる傾向にありますから、あまり無理強いはしない方がいいかもしれません。

ちなみに女性の不妊検査に比べると、男性の不妊検査は簡単ですので、旦那さんを上手に説得する必要があります。

もし、極度にイヤがるのであれば、夫婦仲を優先して強要しない方がいいですが、可能な限り一緒に産婦人科に足を運び検査をしてもらいましょう。

inserted by FC2 system